グルコバイとまいたけで糖質制限ダイエットができる

グルコバイは糖尿病患者に処方される薬です。食事の見直しや運動を行っても血糖コントロールができない場合に、グルコバイで糖質制限をします。グルコバイはα‐アミラーゼやマルターゼ、スクラーゼなどの消化酵素の働きを阻害して、糖質の消化や吸収を抑制します。また糖質制限ダイエットには、グルコバイの服用に加えて日頃の食事を改善する必要があります。糖質制限ダイエットに効果があるのが、まいたけです。一般的にきのこ類は糖質が少ないですが、その中でもまいたけは、糖質がゼロです。ほとんど食物繊維で構成されています。糖質制限ダイエットでは、カロリー摂取量は減らさず1日3食しっかり食べます。ただし糖質を減らすため、糖質をできるだけ含まない食材が適しています。糖質を摂取するとインスリンが分泌され、脂肪細胞が分解されるのを抑制します。糖質制限ダイエットはインスリンの分泌を抑制することで、脂肪を燃焼しやすい体質に改善する目的があります。特にまいたけはダイエットに有効な栄養素を含んでいます。MXフラクションというまいたけだけに含まれる成分は、血液中の脂肪酸を大幅に減らします。また悪玉コレステロールを減少させる効果があり、脂肪が蓄積されるのを防ぎます。普段の食事に30g~50gのまいたけを加えます。大体1パックの半分くらいの量で、毎日続けられます。ただしMXフラクションは熱に弱く、130度以上で熱せられると分解されてダイエット効果がなくなります。長時間の熱料理には向いていません。またまいたけを調理した後の黒い汁に栄養素が凝縮されています。茹でたり蒸したりするより、煮物や味噌汁など煮汁ごと飲む料理に使うようにします。